SUPERBEAT vol.05開催

スーパービート vol.05

DATE: 2019.7.14.Sun.

TIME: 17:30-23:00

VENUE: Shibuya ROOTS http://www.roots1998.com/

ENTRANCE FEE: ¥1,000 / 1drink

DJ Live Performance Artist

Primula
elena knox
MAKI SHIMODA
Rin Tamura
DJ ONORI
orkanora + Chikara Matsumoto
and more


elena knox

東京に拠点を置くアーティスト:ノックス・エレナはヨーロッパやオーストラリアで電子音楽を十五年間プレイしています。音やノイズをAIやロボットや映像と様々に組み合わせています。色んな音楽のプロジェクトはBrigade Music ベルリン、Clan Analogue、サイレント録音、New Weird Australiaによってリリースされています。

http://www.elenaknox.com/

Primula プリムラ

思春期エレクトロニック。

誰もを遠い少年の日に引き戻すメロディーと変質なサウンドを得意とし、思春期を反芻しては悦に浸る変態トラックメイカー。

そのサウンドがUKを代表する映画音楽、テクノ・ダブステップアーティスト、SI BEGG(サイ・ベグ)の耳に留り『Jetlag And Tinnitus Reworks 5』ではリミキサーとして起用される。

2012年8月、山梨のNeguse Group よりアルバム『Youth Center』で、デビュー。2014年発表のシングル『My 1st Time EP』はiTunes エレクトロニックチャートで1位を記録。同年7月には2ndアルバム『Aquarius』を発表。

そして2019年5月にDÉ DÉ MOUSE主宰のnot recordsより、DÉ DÉ MOUSE、Maika Loubté、ラッパー / グライムMCであるONJUICYをフィーチャーした3rdフルアルバム『GONE』をリリースした。

他にmoshimoss による別プロジェクトPreghostへのアルバム参加や、チェコのKubatkoとのコラボレーション、ラッパー mal da kid、校庭カメラガールツヴァイ他へのトラック提供、韓国における電子音楽フェスFestival MorphやBeat Invitational、Natural High! 、earth garden、DÉ DÉ MOUSE 「dream you up 」リリースツアー出演など、ライブではMVなども手がけるMasaki Watanabeによる、本人出演の強烈なビジュアルイメージと共に活動している。

未だ思春期とビートの両立を探求中。

Primula - GONE feat. Maika Loubté

Primula - Make My Day feat. DÉ DÉ MOUSE

Primula - Back in the Day (Air Max) feat. DÉ DÉ MOUSE & ONJUICY

Primula - Aquarius

Twitter / Instagram / Primula official

レーザー光線とウェアアラブルシンセでものすごいパフォーマンスをされる方です。そしてとてもいい人。炎の魔術師ってことはマジシャンズレッドですね。アブドゥルですね。楽しみ。


てくのオジさん Techno OJIsan

昼間は建築現場の電気職人。夜は電気で音を出して遊ぶ炎の魔術師てくのオジさんです。

VOQが度々出演させていただいてる大宮ヒソミネで出会った關 伊佐央さんを中心とするプロジェクトForest People。スーパービートでは初となるフルバンド編成です。おそらくVOQも歌ったりリズムを刻んだりします。


Forest People

大宮ヒソミネを拠点とした、お互いがお互いのセーフティネットに成れる様な、健やかな創作活動を支援するクリエイターズ・コミュニティーであると同時に、"紅白歌合戦出場"と"ワールド・ツアー興行"を目標に掲げる、ビッグバンド・プロジェクト。

(ミュージシャンのみならず、映像系、美術系、身体表現をされている方々など、随時参加メンバーを募集中)

久しぶりにオルガノラウンジでライブが出来ることになりました。活動休止後、たまに短い時間のライブはしていたものの普通の長さのセットをやるのは初めてです。もちろん松本力さんのアニメーションと一緒にパフォーマンスをします。写真は2009年に力さんのアトリエで撮影したもの。Photo by Wataru Ishida


オルガノラウンジ organ-o-rounge

VOQ、SnakeG、Poem* Electronicaの3名からなるエレクトロニカ・バンド。2000年頃に結成。映像作家の松本力と活動を共にしアートシーンで活動を続け、5枚のアルバムをリリース。2010年に活動休止。

スーパービート Vol.03 ダイジェストムービーです。
出演者のみなさん、お客さん、撮影してくれたみなさんありがとうございました。

SUPER BEAT Vol.03
2018.11.23.fri
Shibuya ROOTS

00:05 Rin Tamura
01:00 TEYUN*RAMUTA / Chikara Matsumoto
01:59 ooedo-technica / VJ tomo
02:53 Infants in Eindhoven. / VJ tomo
03:49 MAKI SHIMODA / VJ tomo
04:49 Orkanora + Chikara Matsumoto
06:09 DJ ONORI / Hero 4 / MAKI SHIMODA

Vol.01-02で写真を撮ってくれたカメラマンのタムーラーことRin Tamuraさん。プログラミングで映像を作っているらしく、スーパービートVol.03ではパフォーマンスを披露してくれます。楽しみ。


Rin Tamura

広告写真を仕事とするかたわら、自分の作品も作っています。
写真と向き合う日々の合間にぼんやりと音楽と映像について考えます。

オルガノラウンジの頃にブレッツで知り合ってかれこれ15年以上(もっとかな?)ずっと仲良くしていただいてるDJ MAKI SHIMODAさん。とてもおもしろいしめちゃめちゃいい人。もちろんDJもかっこいいです。


MAKI SHIMODA

90年代からDJ活動を始め、自身でオーガナイズ+DJをしたり、都内外数々のパーティ、クラブ、Bar(時には野外も)等でプレイをしていましたが、近年は色々あって休みつつ、ちらちらと様子を見ながら地味に地道に活動中。。

綺麗な映像作るなーと思っていたらモーショングラフィックスを仕事にされてる方でした。なるほど。当日はちからさんとのVJ共演も観られるかも。

VJ tomo

テレビ・コンサートなどで使用するモーショングラフィックスを作る会社員。たまにVJ。インストポストロックバンド「osteoporosis」のメンバー。

https://twitter.com/0801234tm

電子音楽家Infants in Eindhoven. オランダ出身かな?と想像しています。不思議とわびさび的な情緒を感じるエレクトロミュージックを奏でる音楽家です。ネコ好きっぽい。

Infants in Eindhoven.

東北地方のAMBIENTとELECTRONICAの音楽SCENEにもの足りなさを感じて、INFANTS IN EINDHOVENとして東京方面での活動を始めた。下北沢BASEMENT BAR,CLUB 3,屋根裏そして六本木SUPER DELUXEでLIVE経験をした。尊敬しているCANADIAN MUSICIAN TIM GERWINGとのCOLLABORATIONも北海道で実現させた。東日本大震災の後、生まれ変わって札幌出身のTURGETさんやBELLY DANCERのSHIKIとZEL のCOLLABORATIONもして最近の活動を進化させている。

https://soundcloud.com/infants-in-eindhoven

ACCESS

SHIBUYA ROOTS 渋谷区宇田川町11-6 渋谷宇多川KKビル3階